NEWS

今年の展覧会

前橋市ヤマトにおいて10月に三輪途道個展、11月にグループ展(斎木三男、野村たかあき、林耕史、丸尾康弘、三輪途道)を開催します。この展覧会は晴眼者だけでなく視覚障がい者も楽しめるように触れる彫刻展で、展示空間を工夫、また視覚障がい者でも読める展覧会カタログを作る予定です。

食いしん坊のやかん_2.jpg

(一社)メノキ内に出版部メノキ書房を設立しました。

このデジタルの時代にあえて紙の媒体にこだわります。編集者、ライター、デザイナーがそろっておりますので、最小限の経費で運営し、最大のパフォーマンスを目指します。

食いしん坊のやかん_2.jpg

2021年11月に一般社団法人メノキを立ち上げました。

視覚障がい者を中心軸に文化の福祉化、福祉の文化化を目指していきます。詳しくはメノキHPをご高覧くださいませ。

www.menoki.org

食いしん坊のやかん_2.jpg

上毛新聞社刊「祈りのかたち」
出版クラウドファンディング

上毛新聞社刊「祈りのかたち」を出版します。そしてクラウドファンディング で皆さんのご協力を仰ぎたいと思います。
会期9月1日~10月31日
詳しくは下記ブログをご覧ください。https://www.michiyomiwa.com/blog

・クラウドファンディング商品等詳細は上毛新聞ハレブタイ
https://greenfunding.jp/harebutai

食いしん坊のやかん_2.jpg

*祈りのかたち出版記念関連企画
富岡市市民ギャラリー(富岡市立美術博物館1階)

1.『祈りのかたち 三輪途道・寺澤徹(寺澤事務所)展』
クラウドファンディングの出品作品はこちらの展示でご確認できます。

2.祈りのかたち出版記念講演
「群馬の仏像と視覚障がいデザイン」
9月12日(日)14時〜15時半
※コロナの影響の為中止になりました。

「群馬の社寺彫刻はおもしろい」
9月19日(日)14時〜15時半
※コロナの影響の為中止になりました。

「三輪洸旗・途道展 -富岡から世界を紡ぐ-」

富岡市立美術博物館
2021年9月11日〜11月7日
会期中の休館日あり 

○9月26日三輪途道アーティストトーク
時間:14時〜(40分程度)
会場:2階展示室
参加費:無料(要観覧券)
定員:先着30名(当日正午から整理券を配布します。)

○10月24日(日)上毛新聞社刊『祈りのかたち』出版記念講演「群馬の仏像とロービジョンブック」
時間:14時から15時まで(終了次第サイン会を行います。)
会場:2階ロビー
参加費:無料(要観覧券)
定員:先着30名(当日正午から整理券を配布します。)
登壇者:富澤隆夫(上毛新聞社出版部)、寺澤徹(デザイナー・寺澤事務所代表)、三輪途道

食いしん坊のやかん_2.jpg

 

「メモリーズ 写真、絵画、彫刻でたどる記憶の旅」

高崎市美術館
2021年6月26日〜8月22日
会期中の休館日あり

食いしん坊のやかん_2.jpg

 

「三輪途道展-泥団子少女2-」

ガレリア ポンテ
2021年6月12日〜6月27日
水、日休廊

食いしん坊のやかん_2.jpg

 

「泥団子少女」

GALLERY TAGA2
2020年11月5日〜11月30日
水、日、祝日休廊

食いしん坊のやかん_2.jpg